2020年(第32回)介護福祉士合格の為だけの模擬問題集

第32回スーパー介護福祉模擬問題集

 

中山孔太さんの第32回スーパー介護福祉模擬問題集はどうなんだろう。
実際のところをレビューします。

 

●今年こそ介護福祉試験に合格したい
●一発で確実に合格したい
●以前わかっている問題をケアレスミスして落ちた
●仕事や家事など忙しくて、なかなか勉強出来ない
●市販の問題集をやっても、難しくてやる気が起きない
●隙間時間を利用して効率よく勉強したい
●毎回試験に緊張してしまい、実力が発揮出来ない
●前もって試験の予行演習をしたい

 

など、お困りではありませんか?
もし、そのような悩みを解決できる模擬問題があったら使ってみたいと思いませんか?

 

しかも、過去3年間平均合格率約70%の介護福祉士試験を91.2%まで引き上げることが出来るとしたら・・・。

 

▼介護士求人を合わせて知りたい方は以下のバナーをクリック▼

 

 

中山孔太の第32回スーパー介護福祉士模擬問題集とは?

この教材は介護福祉士、合格率20%を切る介護支援専門員をとれた著者である中山孔太さんの実体験をもとに、勉強が苦手な人でもわかりやすく、理解しやすいよう作られた、2020年(第32回)介護福祉士合格の為だけの模擬問題集になります。

 

<3大特徴>
@一般では手に入らない第32回の介護福祉試験合格のためだけに作られた合格率を91.2%まで引き上げる模擬問題集
A合格するまで回数無制限のメールサポート付き
B勉強が苦手な人でも分かりやすいように、動画での解説がある

 

この第32回スーパー介護福祉士模擬問題集は、つまずきやすい問題には専用の動画サイトで理解を深められる、中山さんからのメールサポートがある点が市販の問題集とは違う点です。

 

 

2020年試験だけに的を絞ってあり、勉強な苦手な人でも確実に合格することをコンセプトに作られた模擬問題集というのが一番の特徴です。
現在の傾向として、介護福祉士試験の筆記試験は合格率は上がっていますが、その分、難易度も上がっていますから、合格するためには勉強法がとても重要になります。

 

 

実際にその問題の本質を見ていかないと、少しひねってあったり、深くまで内容を問うような問題もかなり増えているようです。
介護福祉試験に一発で合格したい方や、再チャレンジする方も、この模擬問題集で試験の予行演習をし、答え合わせ、解説をみて勉強することで、合格する確率をあげることが出来るでしょう。

 

介護福祉試験での合格率が91.2%の3つの理由

介護福祉試験での合格率

 

中山孔太の第32回スーパー介護福祉士模擬問題集は、その内容を実践することで合格率が91.2%に引き上げることが可能になります。
その理由としては、以下の3つです。

 

2016年(第29回)試験から「医療的ケア」という項目が加わり、120問から125問に増えたこと、実務者研修修了者という条件が加わったことで過去3年間の過去問題の傾向を徹底的に分析 してある

 

難易度が上がった問題に対応する能力が身に付く解答&動画での解説があり、理解を深められ、応用問題にも対応できる

 

iPhoneやスマホで表示出来るため、場所を選ばずすきま時間を利用して、効率よく勉強が出来る

 

 

いずれにしても、問題集をあれやこれやと買い込まないことです。
たくさんの問題集にあたるよりも、1冊を繰り返しやったほうが効果的だからです。

 

 

あれもこれもと手をだしてしまうと、それぞれにとりかかれる時間も少なくなり、それも中途半端にしか覚えれません。
その点、この中山孔太さんのスーパー介護福祉士模擬問題集は、内容的にも本試験にかなり近く、理解しにくい部分は動画での解説もあり、より理解を深めることが出来ます。

 

 

何より、本試験ではマークシートシートがずれたりと解けている問題が間違えたりするケアレスミスが起こりやすいものです。
模擬試験問題はやらなくても良いという人がいますが、本試験を事前に練習をするのとしないのとでは、合否に大きな差となってしまう場合もあります。

 

 

介護福祉士試験は1年に1回しかないので、今回落ちたらまた来年受けなくてはならなくなります。
今のままで合格出来る自信があるなら良いですが、不安が少しでもあるなら模擬試験問題集でしっかり対策をすべきです。

 

 

そして、試験の直前に何点取れるか?チャレンジしてみてください。それが終わったら解答を見て理解を深めましょう。
それが一番確実に合格するための最善策と言えるでしょう。

 

第32回スーパー介護福祉士模擬問題集の欠点

とは言え、どんな良い商品にも欠点はあります。
この中山孔太さんの第32回スーパー介護福祉士模擬問題集にもデメリットはあります。

 

 

それは価格が12800円(消費税込み)と高いことです。
市販で売られている介護福祉士模擬問題集は2,000〜3,000円前後が一般的ですから、それらに比べれば結構な値段がします。

 

 

ですが、市販で売られているものに比べて、勉強が苦手な人でもわかりやすく、理解しやすいように作ってあり、本試験に近い形に作り込んであります。

 

 

しかも、勉強でやったことが思い出しやすい構成になっていますので、より確実に合格したい方にこそ効果が高い模擬試験問題集になっており、動画での解説やメールサポートもある点が市販の問題集との大きな違いです。

 

 

また、一般的に市販のものは過去5年分が多いですが、この第32回スーパー介護福祉士模擬問題集は過去3年間の過去問題の傾向を徹底的に分析し作成してあるところがみそです。

 

価格は妥当か?

通常、模擬試験の相場はおよそ3万円前後はすると思います。
それに比べれば、半額以下です。
また、通信講座で模擬試験を自宅で受けるとしても、1万くらしますし、模擬試験を受ける日時が決まっているので、仕事や勉強の進み具合などの理由で都合が合わなかったりすることもあるでしょう。

 

介護福祉士試験

 

その点、この第32回スーパー介護福祉士模擬問題集は、動画での解説や合格するまで回数無制限のメールサポートもあり、忙しい人でも自宅での独学で合格する確率をグンと高めることができるので、価格的には妥当と言えるのではないかと思います。

 

 

今年合格できれば、もう更新とか講義とか受ける必要はなくなり、登録さえすれば、一生あなたは介護福祉士です。

 

まとめ

中山孔太さんの第32回スーパー介護福祉士模擬問題集をまとめましたがいかがでしたか?

 

 

この商品は、勉強が苦手、時間があまりとれない忙しい方でも、一般では知ることが出来ない、第32回の介護福祉試験合格のためだけに作られた合格率を91.2%まで引き上げる模擬問題集という点が一番の特徴です。

 

 

ですので、この模擬問題集を実践することで得られるメリットとしては次のようなことが挙げられます。

 

●年齢に関係なく、40代、50代からでも最短で合格出来る
●今年こそ再チャレンジで資格取得ができる
●他の参考書や問題集を購入して、内容が難しくて勉強がはかどらないこともなくなる
●本試験に自信をもって臨め、マークシートシートのズレなどのケアレスミスなどもなくなる
●何度も高い受験料を払わないで済む
●主任ヘルパーや介護コーディネーターなど、自分が働きたいと思う職場で働くことが可能になる
●これまでより給料があがる
●もう更新とか講義とかを受ける必要がなくなる

第32回スーパー介護福祉士模擬問題集のメリット

 

など、今からでも始めれば自分の可能性も広がり、理想とする自分に一歩近づけるんです。
何より、その内容が難しかったりすると勉強が続かず、自信もなくなって受かるものも受からなくなってしまうと思うんです。

 

 

そういった意味でも、介護福祉士に一発合格を目指す方や、再チャレンジする方も、この第32回スーパー介護福祉士模擬問題集を使って最短で合格してみてはいかがでしょうか。

 

 

気になった方は、下記公式ページのボタンをクリックして手に取ってみてくださいね。

 

 

このページの先頭へ戻る