無職って幸せ?

2018年6月18日、大阪北部で地震がありました。私は無職なので朝はゆっくり寝ています。ちょうど朝の通勤時に地震が起こったので、電車が止まり街はパニックになっていました。私は満員電車とは一切無縁の世界に住んでいます。無職です。無職といっても資産があるので、勝手にお金が入ってきます。素敵な無職です。無職でもカードローンが組めるところがあるみたいですが、みんな無職になれば満員電車なんて乗らなくていいのになって思います。

なぜ結婚するとデブる人がいるんだろう

町中でよく、片方がデブなカップルを見かけます。両方デブというのもいますが、片方だけというのが不思議な気もしますよね。デブ専なのかと思われるかもしれませんが、違うんです。というのも、うちも夫がデブなんで。でも私、デブ大嫌い。結婚したときはそんなデブじゃなかったんです。ガタイいいなあ程度だったんです。それが結婚したらもう自堕落な生活を送り、私が作る食事には見向きもせずに外食三昧。家では炭酸飲料とスナック菓子で生活しているようなもの。おかげでデブです。私の嫌いなデブ。離婚も考えましたが、経済的事情や子どものことを考えるとなかなか踏み切れません。結婚前に、この男がこんなデブになると想定できなかった我が身を呪うばかりです。

男運の悪さ

つきあう男みんなダメ男! ここ連続で付き合った男性がみなダメ男でした。まずは浮気男。誠実そうで真面目なオタク系男子だったのにいつのまにか二股をかけられポイ捨てされました。その次に付き合ったのがDV男。典型的なDVで、殴られることもしばしば。こればっかりは早く別れられて良かったです。そして次はヒモ男。つきあうまでは盛大に食事やプレゼントやしてくれたのですが実は文無し。付き合ってすぐに仕事を辞めてきてあとは私の収入頼り。なんでこんなのばかりよってくるのでしょうか。

空白の40代を過ごす恐怖

17歳で出産した私は現在36歳。子供達は18歳、16歳でとっくに子育ての手を離れています。「若く産むと後が楽でしょ」と良く言われます。その通りです。アパレルの仕事に夢中で取り組んできました。ところが最近、子供達が1人暮らしの構想を抱き始めています。アパレルの仕事も年齢的に限界に近付いています。私のように無計画な出産は嫌だと言ってるので、あと10年は孫の顔は見れないでしょう。とすると、長い時間を旦那と2人だけで過ごし(地獄)、アパレルも引退。やっぱり適齢期に結婚、出産するのが1番!子供の存在は否定したくないけど、17歳で出産を決意した自分をとりあえず呪います。

相方の不幸のとばっちりを食らってます。

私は昔から何かと懸賞に当たったり都営住宅に一発で当たったりしてメチャクチャ運がいいんだけど、(そのせいなのか!?)パートナーである旦那の運とタイミングが悪すぎる!これまでに仕事上で駐禁3回、違反も1回はしてるし、この間なんて家を出て数十分で後ろから大型バスに追突されてむち打ちに…。その度急な出費の連続で、前の仕事で給料少ない月はほんとに泣きそうになった…。そして旦那の親がだらしなさすぎる!結婚式のスピーチでは事前に用意した原稿を失くしてカバンの中を大勢の前でガサゴソあさり始めて大恥をかいた…。もう、親子そろって厄払いツアーにでも行ってこい!!!

せめて人並みの体重に生まれたかった!

生まれたときすでに巨大児。それ以降ずっと太っている人生を送ってきました。デブだブタだと悪口を言われ続け、いじめられていた子供時代。思い出すだけで悲しく辛いです。太っているせいで良いことなんて全然なくて学生時代も暗~いものでした。当然運動は苦手なので、体育の成績は2ばかり。とにかく走ることが一番嫌いでした。せめて人並みの体重に生まれたかったと何度思ったことでしょう。それはそんなに贅沢な願いなのかと神様に文句の一つも言いたいぐらいです。